磐梯山ジオパーク > B.裏磐梯湖沼群エリア



岩なだれとせき止めで生まれた300余りの湖沼群の地質と自然

1888(明治21)年の噴火により、小磐梯が北側に崩れて川をせき止め、桧原湖、小野川湖、秋元湖、曽原湖の湖や、五色沼を代表とする沼など、300余の湖沼群が形成されました。現在、磐梯朝日国立公園の中心地となっています。

また、この噴火による岩なだれは、数多くの小高い丘を作り出しました。それが流れ山と呼ばれるもので、磐梯山噴火記念館の3Dワールドの裏の露頭では、その断面を観察することができます。

交通 JR磐越西駅猪苗代駅から磐梯高原駅行きバスで約30分



 




ジオパークの魅力
地域での活動
ジオパークを楽しむコツ
磐梯山ブログ
アクセス

ロゴコンセプト
ニュース
磐梯山ジオパーク協議会
お問い合わせフォーム

〒969-2701 福島県耶麻郡北塩原村桧原字剣ヶ峯1093-732
磐梯山ジオパーク協議会 
TEL 0241-32-3180 FAX 0241-32-2927