磐梯山ジオパーク > D.裏磐梯湖沼群エリア



磐梯山ジオパークの中心エリア。磐梯火山の主要山体と1888(明治21)年の噴火で生じた壮大な馬蹄形カルデラ

1888(明治21)年の噴火で生じた爆裂火口では、火山の内部構造、特に磐梯山を作っている火山角礫岩・溶岩の互層がよく見えます。磐梯山の山頂付近には、以前上の湯、中の湯と下の湯の3つの湯治場がありましたが、1888(明治21)年の噴火でほとんど壊滅し、現在廃墟となっている中の湯は、噴火後に南に移転して建てられたものです。爆裂火口の中心部に銅沼があります。沼の南側では今でも噴気が上がっており活火山を実感できます。名前のとおり赤茶けているのは、鉄分を多く含んでいるためです。強酸性の沼で魚は棲めません。

1888(明治21)年の噴火により、磐梯山の北側は急峻な火口壁となり、昭和29年の大雨で斜面崩壊を起こし、北側に崩れ、その堆積物の地形が今の裏磐梯スキー場の大部分を形造りました。噴火後の二次災害が与えためぐみです。

交通 JR磐越西線猪苗代駅から磐梯高原行バスで約40分で、そこから同沼まで徒歩で約1時間  



 




ジオパークの魅力
地域での活動
ジオパークを楽しむコツ
磐梯山ブログ
アクセス

ロゴコンセプト
ニュース
磐梯山ジオパーク協議会
お問い合わせフォーム

〒969-2701 福島県耶麻郡北塩原村桧原字剣ヶ峯1093-732
磐梯山ジオパーク協議会 
TEL 0241-32-3180 FAX 0241-32-2927