磐梯山ジオパーク > J.猪苗代湖北東岸エリア



>白鳥の飛来する遠浅の湖岸と東北地方を横断する大断層、川桁断層

日本を縦断する大断層の延長部である川桁断層が南北に走り、断層に沿って特徴的な断層壁の発達が見られます。断層の東側に結晶片岩が露出しており、地層の時代は数億年前の古生代にさかのぼる可能性があります。

猪苗代湖の北東岸(天神浜)にある小平潟天満宮は日本三大天満宮に数えられ、学問の神様菅原道真を祀っております。受験戦争の現代に再び脚光を浴び、多くの受験生がここを訪れています。猪苗代湖北岸(白鳥浜)では、毎年白鳥をはじめとする渡り鳥の越冬が見られ、ミズスギゴケ群落とともに国の天然記念物に指定されています。

交通 自動車で磐越自動車道猪苗代磐梯高原ICから約2km、5分



 




ジオパークの魅力
地域での活動
ジオパークを楽しむコツ
磐梯山ブログ
アクセス

ロゴコンセプト
ニュース
磐梯山ジオパーク協議会
お問い合わせフォーム

〒969-2701 福島県耶麻郡北塩原村桧原字剣ヶ峯1093-732
磐梯山ジオパーク協議会 
TEL 0241-32-3180 FAX 0241-32-2927