春が進む猪苗代湖・天神浜
2018.04.12
4/12(木)
穏やかな陽気の中
猪苗代湖・天神浜に来ました。

一説では
日本3大天満宮とも称される
小平潟天満宮(こびらかたてんまんぐう)
があるところから
天神浜と呼ばれています。

この場所からは
磐梯山が
猪苗代湖のバックにそびえ
とても良いコントラストです。

先週は寒の戻りで
雪が少し積もりましたが
今日は春霞のような
パステル調の姿を
見せてくれました。

樹々の緑も
桜の花も
もうすぐの景色を
スナップしました。



穏やかな姿の磐梯山





中央の猪苗代スキー場ゲレンデも緑に切り替わる季節です





もうすぐ葉を繁らせますよ





磐梯山ジオパークの案内看板の後ろは桜の花がスタンバイ





蕾もだいぶ赤みが出てきました





奥の天満宮の雪囲いも外す時期です





おまけ  事務局裏の裏磐梯幼稚園から 磐梯山も衣替えです


磐梯山周辺は

これから桜の季節です。

磐梯山ジオパークを

お訪ねがてら

お花見はいかがですか?
2018.04.12 16:16 | 固定リンク | 未分類
平成29年度まとめの運営委員会
2018.03.20
3/19(月)
穏やかな日和のなか
猪苗代町体験交流館
「学びいな」
を会場に
平成29年度最終の
運営委員会が
開催されました。

議題は

平成29年度事業実施状況報告
平成29年度決算状況報告、

に続き、
一番の議題である

平成30年度事業計画

について
審議が
行われました。

来年度の
磐梯山ジオパークの
進路につき
委員各位とも
熱心に
検討していただきました。

平成30年度予算計画
も無事確認され
新年度開催の総会にむけて
スタートの準備が
できました。





いよいよ開催です





竹谷運営委員長のあいさつも 力強く 宣言されました





事務局からの説明に  熱心に検討されていきます





頑張っていきましょう





議事も無事 進行終了に向かっています




雪国の

磐梯山ジオパークにも

春の足音は

近づいています。

平成30年度の

スタートダッシュ、

頑張っていきましょう。
2018.03.20 14:21 | 固定リンク | 未分類
第10回裏磐梯雪まつり2018開催
2018.02.19
2/16(金)2/17(土)2/18(日)
の3日間にわたり
裏磐梯サイトステーション・レンゲ沼
を会場に
「第10回裏磐梯雪まつり2018」
が開催されました。

磐梯山ジオパークは
2/17と2/18の2日間
会場のちびっこ体験広場に
「手のひらサイズ磐梯山ジオチョコ&ジオラマつくり」
のブースを開設しました。

2日間とも
あいにくの
風まじりの雪空でしたが、
18日は晴れ間ものぞき
磐梯山も時折姿を見せてくれました。

参加のお客様たちは
「雪」を楽しみながら、
磐梯山ジオパークも
身近に感じて
チョコとジオラマつくりを
楽しんでいただいたようでした。



17日の会場です こんもりと雪の中





会場入り口の サイトステーション看板も 雪の中





まずはジオチョコつくり  チョコを溶かして 型に流し込むんだー





溶けたチョコを 型に静かに 入れていきます





天然の冷蔵庫  雪 のなかに埋めちゃいます





さて  無事固まったかなー  どれどれ





わたしの ジオチョコ  バッチリ(って今言うのかな?) ピース!





つぎはジオラマつくり  おゆまる を お湯でやわらかくして 型に入れていきます





磐梯山ジオパーク の ロゴマーク を入れちゃいましょう





タイをつけて つりさげもOK カバンにつけちゃう?





おとなりの裏磐梯ビジターセンター は エコキャンドル(再生キャンドル)つくり





裏磐梯エコツーリズム協会は 「守り狐」の絵付け体験  真野会長が見守ります





18日は 太陽をあびて 会場の除雪から 始まりです





 青空がのぞくと 雪 がきれいですね





おまけ  今年も 会津地鶏 の直売コーナー が頑張ってました   もも焼きサイコ―




裏磐梯雪まつりも

記念の第10回大会を迎え

すっかり冬の風物詩となりました。

夜の部の

裏磐梯エコナイトファンタジー(3000本のキャンドル畑と雪中花火など)も

無事、開催できました。

来年の機会には

磐梯山ジオパークと共に

お訪ねいただけると

嬉しいです。

お待ちしています。
2018.02.19 15:02 | 固定リンク | 未分類
磐梯山ジオパーク特別講演(第3回)が開催
2018.02.07
2/5(月)
ピンポイントで
穏やかな天気の中
(北陸は豪雪で大変のようです)
猪苗代町の「学びいな」を
会場に
今年度最後の
「第3回磐梯山ジオパーク特別講演」
が開催されました。

講師には
文化庁文化財部記念物課文部科学技官
(漢字ばっかりですねー)

 柴田 伊廣氏
(前 室戸ジオパークのほうが記憶にありますが)


下仁田ジオパーク 下仁田町教育委員会教育課下仁田ジオパーク推進係
(さらに文字が多いですねー)

 関谷 友彦氏
(群馬県から埼玉県、栃木県をこえて来ていただきました)

のお二人をお迎えしました。

柴田氏には、
「ジオパークにおけるジオサイトのと関連する記念物の保存活用」
の論題で

日本ジオパークのかかえる
「ジオサイト」のガラパゴス化
(内部で独自の発展をとげてきた状況)
の指摘や今後の目指す点など
解り易く楽しくお話しいただきました。

関谷氏には
「下仁田ジオパーク条件付き再認定からの再認定までの歩み」
の論題で

再認定審査で
条件付き認定(2年間)を受けてから
2年後、
再認定審査で
認定をうけるまでの状況など
わかりやすい解説で話していただきました。

柴田氏の話の中で
条件付き認定を受けてから
2年後、
さらに取り消しになった事例
(日本ジオパーク史上初で衝撃をうけました...)
の解説があったので
たいへん参考になりました。

お二人とも
まだ若い(笑)パワーを
溢れさせていて
とても力を
分けていただいた
感じでした。



そろい踏みだと なかなか圧巻です





開演をしずかにまつ2人  湧きあげてくるものがあるようです





会場も静かに しかし熱く 待っています





どうですか  おもしろいですよねー





熱心に吶々と かたりかけてくれます


 



PKT(ペチャクチャタイム)  熱心に語り合います





うん その情報は 貴重ですねー





質問にこたえる 柴田氏  まだまだ話すことは ありますよー


今回の特別講演は

磐梯山ジオパークのかかえる

問題に直結していて

とても参考になりました。

話の中で

ネットワークの重要さが

再認識できたのも

今後につながる点でした。

日本ジオパークネットワーク

盛り上げていきましょう。
2018.02.07 13:25 | 固定リンク | 未分類
雪が止んだら銀世界
2018.01.12
1/12(金)
昨日までの
雪降りが嘘のように
青空が広がってきました。

北陸から九州まで
大雪のNEWSが
TVで流れていますが
ここ磐梯山周辺は
ピンスポットで
晴れ間が出ているようです。

用事で出かけたときに
まさしく銀世界
(バックはスカイブルー)
の雪景色を見れました。

様子をお伝えできれば・・・





事務局前  雪の山の向こうに 雲をなびかせ 磐梯山





なんか アルプスかヒマラヤの山頂のような雰囲気です





山の中腹のアール(曲線)は グランデコスノーリゾートのゲレンデです





入口前で カフェタイムを楽しめそうです




駐車場から  雪がパウダースノーの感じ わかりますか





クレープの花が 花盛り(?) 入口すぐでおまちかね





表磐梯 見祢の大石は  雪をかぶって かまくら状態





猪苗代ミネロ (見祢路...ってホント?)  川桁断層を望みます





雪と雲をまとって   ながくのびてます





断層の隆起が 感じられますか?   


雪が降るから

見れる景色が

あります。


まだまだチャンスはつづく

磐梯山に

お越しください。
2018.01.12 16:07 | 固定リンク | 未分類

- CafeNote -