穏やかな猪苗代湖畔の森にきました
2016.08.26
8/25(木)

猪苗代湖北西岸の「長浜」に来ました。

長浜は

猪苗代湖の北側を通っている

R49(国道49号)が湖岸に一番近い場所です。

もう少し西に会津若松方面にむかえば

岸からすぐ猪苗代湖唯一の島

「翁島」 が見えます。

ここ長浜から

すぐ小高い丘に登っていくと「猪苗代湖畔の森」です。

豊かな森が丘を連ねて広がっています。

なぜ急に丘があるのか?

お気づきですね!

そう磐梯山の流れ山地形です。(翁島も流れ山です)

約5万年前の磐梯山の岩なだれの跡です。

猪苗代湖を高台に臨むので景色が素晴らしく

明治時代に

皇族の

有栖川宮威仁親王(ありすがわのみやたけひとしんのう)が

ご別邸「天鏡閣」を建てられました。

(とても長い名前ですが、皇族に興味のある方は検索されると

いろいろ(!)が出てくる殿下です)

この縁で大正時代には迎賓館(旧高松宮殿下翁島別邸)が建てられましたが

このお話はまた次の機会にします。

続けて北上していった台風の気配もすでになく

穏やかな朝日を浴びている

かめ丸と天鏡閣をみながら
(NHKブラタモリでタモリさんが訪ねたところです)

磐梯山ジオパークののぼり(天鏡閣駐車場にあります)の

チェックに来た次第です。

さいわい台風の被害もあまりなくポールを一本替えて済みました。

かめ丸に乗ったり、天鏡閣をじっくり見学したりできませんでしたが、(←仕事中だろう の声)

みなさんに

代わりに

ゆっくりお訪ねしていただきたい場所です。




長浜の駐車場に磐梯山ジオパークの解説版 湖上に待機するかめ丸





かめ丸とペア(?)のはくちょう丸  タモリさんはかめ丸に乗りました





桟橋からみるとお母さんかめのまつ毛がキュート かつて昭和天皇もご乗船されました





天鏡閣駐車場の解説看板  奥にのぼりがちょっと傾いています  今助けに行くからね!





磐梯山ジオパークを案内してね   無事復活  朝日を浴びてはたはたと...





天鏡閣の門  門柱の上に電燈が! このために電気を引いてきました


  



有栖川宮威仁親王  海軍大将でもありました





いつみても立派な天鏡閣  今造るといくらかかるんでしょう  八角形の望楼が素敵です


秋の紅葉は見事です。

ぜひお訪ね下さいね

(冬の雪の中の立ち姿も楚々としています...)

お待ちしています。
2016.08.26 15:03 | 固定リンク | 未分類
台湾から五色沼取材のお客様です
2016.08.18
8/17(水)

台風7号が

東北地方 太平洋岸を北上していきました。

台風は

磐梯山の東側の奥羽山脈沿いには

ずいぶん雨を降らしていきましたが

磐梯山周りは

午後には天気もほぼ回復しました。

この日、アクセンチュア(ご存知でしょうか?)さんの手配で

台湾からのブロガーの方が

五色沼を取材に見えました。

磐梯山ジオパークのメインの一つを

ぜひ堪能していただけるよう

ジオガイドの田島裕子さんが案内しました。

取材中は

磐梯山も雲の中に見え隠れする天気ながら

途中薄日も射すと

沼の色も鮮やかに見え、

雨上りの緑も爽やかに

感じられました。

取材のみなさんには、
会津山塩(ブラタモリでタモリさんが製作体験しました)と

裏磐梯百年水(日本名水百選小野川湧水です)

さらに磐梯山ジオラマをおみやげにお渡しし、

大変喜ばれました。

ぜひ世界に向けて感想を発信してくださいね!






まずは磐梯山を望む「毘沙門沼」   磐梯山が五色沼を創った  岩なだれを解説しています





案内看板でさらに詳しくご案内します  光の屈折で、水の色が鮮やかに発色します





五色沼ソフトクリーム  これはお約束でしょう!? 記録、記録... 





五色沼遊歩道散策の前に 虫よけを振っておきましょう





さあ森の中を進んでゆきましょう





遠藤現夢   裏磐梯再生の父ですよ





ちいさいエビフライ? 作ったのは リスでした (松ぼっくりをかじったものです)





青沼  神秘的な色です





散策のあとは五色沼遊歩道入り口で記念写真  楽しかったね~





地元の会津バスで回りました  お疲れ様でした


ジオツアー終了後に 台風の置き土産のようにザーっと雨が降りました。

ジオツアー中はまずまずの天気で気持ち良く五色沼を堪能いただけました。

日台交流の一助になれたでしょうか? 

またほかの人とも一緒に来てくださいね。
2016.08.18 11:53 | 固定リンク | 未分類
磐梯山の麓もお盆を迎えます
2016.08.12
8/12(金)

昨日の山の日とお盆入り前の間の今日ですが

とても暑い感じです。

TVでは

リオオリンピックと

高校野球で

さらにヒートアップしているようです。

(高校野球では福島代表、聖光学院が1回戦勝利のニュースでした)

くっきり晴れ渡った磐梯山の麓には

お寺がいくつかあり

お盆の墓参りを待って

静かに佇んでいます。

西勝寺(さいしょうじ)には

1888(明治21)年磐梯山噴火の

「磐梯山災死者招魂之碑」が

西円寺(さいえんじ)には

「磐梯山破裂罹災死没之墓」の碑が

建っています。

磐梯山災死者招魂之碑は、明治21年9月、

磐梯山破裂罹災死没之墓は、明治22年10月と

噴火災害のすぐ後に建てらました。

(遺構として、磐梯山ジオパークのジオサイト56、55としています。)

お盆には

周りのお墓とともに

慰霊の献花が

飾られることと思います。

この穏やかな景観も

災害の後に復興した景色だということを

忘れずに

次世代に語り続けていく機会にしたいと思います。






「見祢の大石」近くの交差点。 くっきりと磐梯山が夏景色です。  





麓の集落が見祢です。 集落中ほどの北側に「見祢の大石」があります





交差点を左に500m進むと 西勝寺(真言宗豊山派) うしろに磐梯山を控えます






山門の西側に 磐梯山災死者招魂之碑  お墓のまえに建っています






お花はまだ一つ(前のお供えでしょう)   奥はすぐ西円寺です




となりの西円寺(浄土真宗本願寺派) 磐梯山破裂罹災死没之墓に日付が刻まれています



 



慰霊碑のとなりからお墓が続いています  お盆前の静けさです






さらに1kmほど道路を進むと土津神社の参道前にでます。  猪苗代スキー場の入口でもあり、民宿のまえに

磐梯山災死者招魂碑(明治22年7月建立)があります。 

天鏡閣を建てられた有栖川宮威仁親王の兄、熾仁親王が篆額されています。



手を合わせながら、撮影してきました。

夏に記憶が重なる風景でした。
2016.08.12 16:16 | 固定リンク | 未分類
夏真っ盛りの裏磐梯の景色です
2016.08.05
8/5(金) 良い天気です。

というか福島市では 37°C の気温が出て

「あ゛つ゛い゛!(暑いに濁点+びっくりマーク)」のようです。

磐梯山ジオパーク協議会事務局のある、

ここ北塩原村桧原は、

通称 「裏磐梯」 と呼ばれていて

標高800mくらいで

日陰に入ったり、風が吹くと涼しい高原です。

今日は26°Cくらいで福島とは11°Cも違います。

高原の夏は真っ盛りです。

事務局のある、自然環境活用センターから

一回りして磐梯山の様子を

スナップしました。

爽やか裏磐梯の風が感じられるでしょうか...




センターの隣には裏磐梯小学校のプールがみえます。 きょうはおやすみです...




先日のブラタモリでタモリさんが笑っていた写真の五色沼(毘沙門沼)    記念写真のメッカです。




今日の毘沙門沼の水の色。 神秘的な色合いです。





毘沙門沼の駐車場わきには日本赤十字社の「平時災害救護発祥の地」の碑が建ってます。

1888年磐梯山噴火が、戦争以外で赤十字の救護活動された最初でした。





五色沼入口の裏磐梯ビジターセンターから民宿街の「蛇平」地区に上ると磐梯山が雄大に迫ります。

蛇平の地名は、岩なだれが蛇が這ったような地形に見えたからでしょう。





蛇平からもうすこし小野川湖方面(グランデコスキーリゾートにもいけます)に上ると爽やか磐梯高原の景色です。

白い雲がアクセントですね!



磐梯山ジオパークは、素敵な景色にアプローチしやすいです。


真ん中に見える崩壊壁のところに

タモリさんが

「今まで見た景色の中で一番のごちそうです」

と名コメントを残した

銅沼(あかぬま)があります。

裏磐梯スキー場を登りきると

すぐ近くです。


夏に一度おいでになりませんか?
2016.08.05 14:39 | 固定リンク | 未分類

- CafeNote -