初秋の毘沙門沼 ♪ちいさい秋み~つけた
2016.09.27
9/27(火)

雨模様の天気予報が

良い方にはずれて

晴れ間が出てきました。

この機会に

五色沼の毘沙門沼の様子を

見に行くと

歌のように

小さい秋を見つけたのでした(笑)

毘沙門沼の展望台には

紅葉の「目印」の楓の樹が

鎮座してますが、

まだ色づき始めの状態でした。

そこから遊歩道を訪ねていくと

あちらこちらで

「あきになりますよ」と

ささやいているような

光景がありました。

風景が暖色系に

シフトしているようで

ほんわかしてきました。
(気温も良い感じの暖かさでした)

思わず

♪だ~れかさんが だ~れかさんが

とひとりごちてしまい

カメラがぶれそうになりました。

自然の変化はほんとにすばらしいものですね。






左側の樹 ほんわかした色になってるな





種が舞う準備が出来ていたのでした





なかなか一気には変われませんよ でも、紅葉準備OKのサインかな





木道の周りはみどり  でも落ち葉は一様に落ちてます





そこはかとなく紅葉してます





なんとなく暖色系ですよね





水の色のみどりと 木々のきみどりが コントラストをつけてます





やはりあかい葉は目を引きます





赤十字の記念碑の前もほんわかとしたいろどり





赤十字がまっかだな~   あたりまえ!





みどりの中にまっかな1まい





おまけ   事務局のとなりの裏磐梯小学校にあかい服着た3人が立っているみたい




もうすぐ本格的な紅葉がはじまります。

磐梯山ジオパークの紅葉めぐりにいらっしゃいませんか?
2016.09.27 16:16 | 固定リンク | 未分類
秋の日に「きたしおばら交流フェスタ」楽しみました
2016.09.23
9/17(土)

磐梯山北西の麓の先にある

北塩原村役場を会場に

「きたしおばら交流フェスタ」

が開催されました。

この日は、午前中は薄日も射す

穏やかな天気で

気温も秋の訪れを感じさせる

過ごしやすい日でした。


北塩原村は

北山(きたやま)、

大塩(おおしお)、

桧原(ひばら)の

三つの村が合併して

出来た村名です。

年に一度それぞれの地域から

集まって楽しもうという

イベントです。


磐梯山ジオパークもおひざ元の団体として

PRのブースを開きました。

今回は、

「超リアル磐梯山ジオチョコをつくろう」



「磐梯山ジオパークパズルゲームに挑戦しよう」

の2つの企画を行いました。


ジオチョコは、

模型から起こした、

磐梯山の型(1/10万の大きさ)に

チョコを溶かして入れて

冷やして固めます。

型から外すと

手のひらサイズの

磐梯山チョコができあがり!

食べるのがもったいないけど

この日の気候は

まだチョコが溶けやすい気温なので

おいしく食べてもらいました。


ジオパズルは

タイムトライアルで

盛り上がりいっぱい。

磐梯山ジオパークの

ロゴマークポスターや

ジオアート、

磐梯山の東南の

「見祢の大石」など

磐梯山ジオパークを

感じてもらいました。


村内の交流に一役買えたかな?




磐梯山ジオパーク こちらですよ  10円玉がつなぐ重縁(じゅうえん)市 に参加です





出店のまえに 木製ベンチがスタンバイ 





チョコもパズルも準備OK  ブラタモリでタモリさんに紹介された山塩をご案内





チョコをみんなで、一斉に湯せんにかけてます。





「パパはじょうずだな~(...)」    おとうさんの面目躍如





でもつくったのは、ぼくだもんねー  もちろんたべるのも





さすが磐梯山ジオパークに近しいSさん   はやいじゃないですか!





どうだい?   おもしろいでしょ





タイムトライアルの速報版です   1番はむずかしいなー





まだまだこれから!  集中、集中





お隣のブースは裏磐梯エコツーリズム協会の体験コーナー 笹の葉工芸と守り狐つくり



秋の恒例行事になりました。

もちろんどなたでも参加できます。

また来年会いましょう。
2016.09.23 15:23 | 固定リンク | 未分類
台湾メディア秋のプロモーションツアー
2016.09.15
9/14(木)

台湾からの雑誌の取材での

プロモーションツアーの1つとして

五色沼ジオツアーを実施しました。

参加者は

台湾で角川書店が発行している

「ジャパンウォーカー」という

広報誌の記者さんたちです。

メディアへの案内ということで

ジオガイドの五十嵐定信さんに

案内を頑張ってもらいました。

今回は五色沼自然探勝路(遊歩道)

全行程約3.6kmを散策しました。

五色沼のある裏磐梯高原は、

台湾とは気候風土が

かなり違うようで

植性の話には

随分興味を持っていただけたようでした。


(メモ書きが漢字なのでなるほどと

書いていることが良く解りました)


あいにく磐梯山は雲の中で

五色沼とのコントラストを

楽しめませんでしたが

五色沼探勝路に次々現れる沼の変化や、

植物の話にツアーを満喫していただけました。






まずは最初の見どころ、毘沙門沼からご案内します。






探勝路始まりのシンボルの樹が紅葉し始めています





遠藤現夢さんの植林のあと。 太いアカマツがまとまって生えています





探勝路の傍らにも ちらほら紅葉の気配が...





展望台から絶景を撮影します





弁天沼がひろがっています。 晴れていれば吾妻山がバックに映えるのですが...雨じゃなくてOKにしてね





お約束? りすのつくった、まつぼっくりの「えびフライ」 え!えび天ですか





青沼は穏やかなコバルトブルーです





水際の葉っぱがカルシウム成分で白くなっています





探勝路には早めの落ち葉が随分落ちていました





一番紅葉がきれいに見える柳沼の紅葉も始まりつつあります





磐梯山1/10万のジオラマ 私と一緒にきれいでしょ?




秋の気配が着々とすすんでいるようでした。

紅葉の季節にぜひいらっしゃいませ!
2016.09.15 11:20 | 固定リンク | 未分類

- CafeNote -